コンタクトレンズセンター
旭コンタクトレンズ
店舗紹介 商品情報 サービスクーポン 追加オーダー リンク集
コンタクトレンズ使用上のご注意
特にご注意いただきたいこと
1) コンタクトやケア用品ご使用の前には、必ず取扱説明書をよく読み、表現や内容でわからないところがあれば必ず眼科医に相談し、よく確認してからご使用ください。
2) 取扱説明書は大切に保管してください。
コンタクトレンズは眼に直接のせて使用するものです。
コンタクトレンズやケア用品の取扱方法を誤ると、角膜潰瘍などの重い眼障害につながることがあります。
また、必ず取扱説明書をよく読み、眼科医の指示に従い正しい取扱方法を守ってください。

(1) 装用時間を正しく守ること
装用時間には個人差があります。眼科医から指示された時間内使用し、眠るときは必ずはずしてください。
(2) 取扱方法を守り正しく使用すること
レンズやケア用品の取扱方法を誤ると眼障害につながります。レンズやケア用(特にレンズ保存ケース)は常に清潔に保ち正しい取扱方法を守ってください。
(3) 定期検査は必ず受けること
自覚症状がなく調子よく装用していても眼やレンズにキズがついたり、眼障害が進行している事があります。異常がなくとも眼科医に指示された定期検査を必ず受けてください。
(4) 異常を感じたら直ちに眼科医の検査を受けること
レンズをつける前に、毎日ご自分で目ヤニや充血がないか、またレンズをつけた後も異物感などがないか確認し、少しでもこれらの異常を感じたら、すぐに眼科医の検査を受けてください。

レンズ装用に適していない例
コンタクトレンズを使用できない、あるいは使用しない方がよい病気や環境があります。装用を開始する前に必ず医師の診察を受け、これらの病気の有無について確認してください。また、装用を開始した後に体調や環境の変化などにより装用に適さなくなる場合もあります。装用を開始してからも医師の診察を受け確認してください。
なお、医師の指示や取扱説明書の指示を守ることができない方もコンタクトの装用に適していません。

    ・前眼部の炎症
    ・眼感染症
    ・眼瞼異常
    ・ぶどう膜炎
    ・角膜知覚低下
    ・ドライアイ及び涙器疾患
    ・ケア用品によるアレルギー疾患
    ・その他医師が装用不適と判断した疾患

(1) 取扱説明書でわからないことがあれば、眼科医の説明を受け、よく理解してから使用を開始してください。
(2) 取扱説明書は大切に保管し取扱方法や注意事項などをすぐ確認できるようにしておいてください。
(3) 取扱説明書を紛失された場合は、レンズ購入先で入手してください。購入先にない場合は弊社までお問い合わせください。

定期検査 眼科医による定期検査を必ずうけてください。 装用にともなう症状と対策


定期検査とは
レンズを安全・快適にお使いいただくために、眼やレンズに異常がないか、レンズがあなたの眼に合っているか等のチェックを受けるのが定期検診です。調子良く装用していても、レンズに傷が付いていたり、眼に障害が起きている場合があります。自覚症状がなくても定期検査は必ず受けてください。

慣れるまで
レンズに慣れるまでは下記のような症状が見られることがあります。慣れるまでの期間に個人差はありますが(約1〜3週間)、慣れるに従って徐々に解消されます。しかし、このような症状が長く続いたり症状が強い場合は、無理して装用せずに眼科医に相談してください。

違和感がある
眼が乾燥する
くもる・かすむ
眼が充血する
見え方が不安定
眼ヤニが多くでる
眼にかゆみがある
涙が多くでる

定期検査スケジュール例
・転居、転勤、長期旅行などで定期検診を予定通り受けられない場合は、眼科医に相談してください。
・異常を感じたら、予定されていた定期検診の時期でなくても眼科医の診断を受けてください。

慣れてから
レンズに慣れてからも例えば次のような症状が見られることがあります。このような症状以外にも眼やレンズに少しでも異常を感じた場合はご自分で判断せず、予定された定期検診の時期でなくても眼科医の診断を受けてください。

症状 考えられる主な原因
・違和感、痛みがある
・しみる
・涙が多くでる
・くもる・かすむ
・見えにくい
・見え方が不安定
・眼が乾燥する
・眼が充血する
・眼ヤニが多い
・レンズに汚れ、ゴミなどが付着している
・レンズにキズがある
・レンズの洗浄や保存の方法が正しくない
・装用時間が長すぎる
・レンズが眼に合っていない
・眼にキズなどの異常があった
・まつ毛、ゴミが眼に入った
・レンズの左右入れ間違い

レンズの取扱方法


(レンズを取扱う前に)
・長い爪は、レンズや眼をキズつけてしまう場合があります。爪は短く切り、なめらかにしてください。
・レンズにさわる時は、手指を石鹸できれいに洗い、よくすすいでください。
・レンズは落としても見つけやすく、汚れにくい明るく清潔な場所で取扱ってください。
・レンズを洗面台で取扱うときは、排水口に栓をするか流失マットなどを用いてください。

(レンズのチェック)
・レンズの汚れなどを確かめてください。レンズが清潔で破損などしていないかを確かめて、洗浄、保存液でレンズを完全にすすいでください。
・レンズを持つ場合は、親指と人差指の腹でそっとはさむように持ち、決して爪をたてないでください。
・レンズの左右を間違わないように注意してください。左右を間違えた場合は、レンズがはずれやすいとか、違和感があったり、目が疲れるなどの原因になります。レンズは常に同じ側(右)から取り扱うようにしてください。

装用スケジュール 眼科医に指示された装用スケジュールを守ってください


はじめて装用する場合
コンタクトレンズの装用に慣れる時間には個人差がありますので、眼科医から指示された装用スケジュールに従って徐々に慣れるようにしてください。
なお、表1は標準的な装用スケジュールの例です。

(表1.装用スケジュール)−初めて使用する場合−

装用中止後、再開する場合
装用を中断していた方は、表2の中断期間に合った装用時間を目安に無理なく装用を再開し、次の日からは表1に従って、徐々に慣れるようにしてください。

(表2.装用スケジュール)−中断していた装用を再開する場合−

*1ヵ月以上装用を中断していた場合は、必ず検査を受けてから装用を再開してください。

ケア方法


コンタクトレンズを快適にご使用いただくには、レンズのケアは欠かせません。ケアを怠ると、汚れが蓄積し装用感が悪くなり、レンズの品質を劣化させます。また細菌やカビなどの増殖をまねいたりします。このようなことを防ぐために、次のサイクルを守り、毎日のレンズのケアを行ってください。

ケア方法についてのご注意

洗浄、保存液は、他の洗浄、保存液と併用したり、混ぜたりして使用しないでください。眼やレンズに悪い影響を与える場合があります。
ケア用品(特にレンズケース)は常に清潔に保ってください。ケア用品が汚れていると、レンズや眼の異常の原因になります。レンズケースはよくすすぎ、乾燥してください。
海外旅行の際のご注意
コンタクトレンズのケア用品は、国によって販売されている商品が異なります。海外旅行の際は現在お使いのケア用品を日本から持参してください。

 

▲このページの上へ

   
TOPQ&Aご使用上のご注意レンズ紹介
サービスクーポン店舗紹介リクルートリンク集
Copyright (C) 2006 Asahi Contact All Rights Reserved.